岩手金ケ崎 放浪のよっぱらい4

==諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区==

伊達氏が盛岡藩との藩境においた重要な要害
金ケ崎城を中心に古い建造物が残る。
平成13年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
駅近辺に宿泊施設が見当たらなかった。


東北大震災の翌年の盆に遠野を中心に旅をした。
そのときの記憶をたどる。
あやふやで間違いがあるかも知れない。
不思議なことに、地震には殆どあわなかった。


侍屋敷が定休日で静かなのか、通りには人影がない。

=佐藤家住宅=

屋敷は約1000坪有り、生垣、庭園、主屋、板倉、土蔵、エグネ(屋敷林)
などが残る。主屋は明治35年の創建であるが、侍住宅として完成された
姿を伝える。(金ケ崎パンフ)

佐藤家
佐藤家2


=添田家住宅=

金ケ崎城主であった大町氏の家老職の家。
屋敷は1400坪有り、門、板倉、主屋、生垣などが残る。
門、板倉、主屋は江戸時代後期の創建と考えられる。
金ケ崎パンフ)

添田家


酒が合わないのか、飲んでは吐きを続けた。
少しも好きではなかったが、友と飲む雰囲気は好きだった。
それが、今や・・・。

苦しくて 何度もはいた にくむべき 酒より今は 竹馬はあらむ

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 銭湯ロマン 東京ぶらぶらり 遠野の旅 遠野 金ケ崎散歩 金ケ崎 武家屋敷

岩手金ケ崎 放浪のよっぱらい3

==諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区==

伊達氏が盛岡藩との藩境においた重要な要害
金ケ崎城を中心に古い建造物が残る。
平成13年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
駅近辺に宿泊施設が見当たらなかった。


東北大震災の翌年の盆に遠野を中心に旅をした。
そのときの記憶をたどる。
あやふやで間違いがあるかも知れない。
不思議なことに、地震には殆どあわなかった。


侍屋敷が定休日で静かなのか、通りには人影がない。

=坂本家住宅=

大手口を守る重要な位置にあった。
屋敷は約700坪、生垣、主屋が残る。
18世紀中期以前創建だと考えられる。
金ケ崎ガイドマップより)
残念ながら、休館。内部見られず。

坂本家
坂本家1


=大松沢家=

山林奉行を務めていた家柄。
屋敷は約760坪あり、四脚門、板塀、
庭園などが残る。
主屋では、懐石料理などがいただけるそうだ。
金ケ崎ガイドマップより)

立派な四脚門、板塀であるが、内部は見られず。
大松沢家


お酒を初めて飲んだのは高校時代、親父のを盗み飲みした。
胸が痛く眠りたいのに、かゆくてかゆくて、夜通し悶々としていた。
それが、今や・・・。

失恋や 初めて飲んだ酒の味 じんましん出て 少しも眠れず 

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 銭湯ロマン 東京ぶらぶらり 銭湯散歩 遠野の旅 遠野 金ケ崎 金ケ崎武家屋敷

新年、おめでとう御座います。

新年、おめでとう御座います。

本年も宜しくお願いします

京都 103



京都の夜 錦天満宮

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 東京ぶらぶらり 銭湯ロマン 遠野の旅 遠野 ペンキ富士山 京都の夜 銭湯

岩手金ケ崎 放浪のよっぱらい2

==諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区==

伊達氏が盛岡藩との藩境においた重要な要害
金ケ崎城を中心に古い建造物が残る。
平成13年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
駅近辺に宿泊施設が見当たらなかった。


=伊東家侍住宅=

江戸時代後期に家老職を務めた。約750坪の敷地に生け垣、 
庭、主屋が残る。
残念ながら、休館。内部見られず。


東北大震災の翌年の盆に遠野を中心に旅をした。
そのときの記憶をたどる。
あやふやで間違いがあるかも知れない。
不思議なことに、地震には殆どあわなかった。

侍屋敷が定休日で静かなのか、通りには人影がない。 
伊東1 
定休日でなければ、和洋食堂で食事ができる。
伊東 
青空に美しい屋根にしばし見とれた。
伊東2 



妻もなく 真とも無き今 さすらいの あきらのうたを ききながら飲む

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 東京ぶらぶらり 銭湯ロマン 遠野の旅 遠野 銭湯散歩 金ケ崎散歩 金ケ崎武家屋敷

岩手金ケ崎 放浪のよっぱらい みちのく回想の旅13


==諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区==

伊達氏が盛岡藩との藩境においた重要な要害
金ケ崎城を中心に古い建造物が残る。
平成13年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
駅近辺に宿泊施設が見当たらなかった。


=旧大沼家侍住宅(町指定文化財)=

大沼家は金ケ崎要害の大庭に沿った屋敷で、主屋、馬屋、庭が残る。
主屋は桁行7.5間、梁行3.5間の広間型3間取りで、18世紀末頃の
創建と考えられる。保存地区唯一の江戸期の遺構である。


東北大震災の翌年の盆に遠野を中心に旅をした。
そのときの記憶をたどる。
あやふやで間違いがあるかも知れない。


三ツ屋形式という当地特有の建物配置。こういう形式の建物を見たことがない。
大沼家
こういう景色を見ると、しみじみとした旅情を感じる
大沼家1
屋根が非常に美しい。ただ運悪く休みの時に訪れ、中を見れなかった。残念。
大沼家2



ともあらば 肩組みどなる 旅の歌 古き景色に 酒飲むはひとり

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 東京ぶらぶらり 遠野の旅 遠野 北上 金ケ崎歴史 金ケ崎古い建物 金ケ崎岩手

プロフィール

cheerup

Author:cheerup
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
置き手紙
後ほど、ご訪問します。
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ