FC2ブログ

妖怪と花ウオッチ14 狸燈


==哲学堂公園==

哲学堂公園のある地は、和田山と呼ばれ、鎌倉幕府の初代侍所別当
である和田義盛の城址であったという。


==狸燈==

狸の妖怪。人間の心情には狸に類するものがあり、時には光輝ある霊性を発することもあるとして、
腹中に燈篭を仕込んでいる。

お腹に、舌があるような。

狸灯

左の目はつぶれているが、右目は冷徹で、真理を見据えているような感じがする。

狸灯1

狸燈の顔のアップ。この目は怖い。

狸灯2

狸燈の背後。やはり頭のてっぺんに四角の穴が有り、灯籠を頭で支えていたのかも。

狸灯3

鬼は怒り、狸はうそなのかも。人間はそれぞれ超越しなければならないと云う意味か?
この石像のようにユーモラスと怖さを表現した、そして思い切り個性的な像は
今まで見たことが無い。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 妖怪ウオッチ 東京ぶらぶらり 哲学堂 中野妖怪 中野幽霊 妖怪

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お腹にも灯を入れるのでしょうか?
おもしろいタヌキさんですね^^

No title

僕もこの石像が好きで、ブログにも使っています。

No title

にゃあもさん

そうなんですよ。お腹で思い切り何か食べそうですけど。

No title

jizosmileさん

そうなんですよね。拝見しました。
プロフィール

cheerup

Author:cheerup
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
置き手紙
後ほど、ご訪問します。 置き手紙でのコメントを 受け付けておりません。 宜しくお願いします。
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ