妖怪と花ウオッチ13 鬼灯


==哲学堂公園==

哲学堂公園のある地は、和田山と呼ばれ、鎌倉幕府の初代侍所別当
である和田義盛の城址であったという。


==唯心庭==

中心に心字池が有り、その中心に鬼灯が立つ。

心字池に架かる概念橋。

鬼灯2

唯心庭の真ん中に鬼灯が静かに怒っている。

鬼灯1


==鬼灯==

悪念や妄想は心の鬼のためで、心の中に良心の光明があり、せめぎ合っている姿を現す。

鬼の拡大像で、頭のてっぺんに穴が有る。

鬼灯3

鬼灯を背後より見る。ゲゲゲ、首が無い。鬼のフンドシが面白い。

鬼灯4

無尽蔵にある毀れた灯籠。この灯籠が頭のてっぺんに有った。
良心の光明が鬼を抑えているということか。

鬼灯


この鬼灯を見ていると、奈良の興福寺に有る、国宝龍燈鬼を思い出した。
その精巧さは較べる余地も無いが、この素朴で、不格好で、どこか微笑ましい。
素晴らしい妖怪である。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 妖怪ウオッチ 東京ぶらぶらり 哲学堂 中野妖怪 中野幽霊 妖怪

コメントの投稿

非公開コメント

おはようです。^±^ノ

そうそう、和田山。^±^
この別名は聞いたことがあります。^±^
しかし、妖怪は初耳でした。
ぬらりひょんみたいな鬼の石像も、知らなかったなあ。
哲学堂は桜の花を見てすぐに帰っちゃったのかなあ。^±^;

No title

後ろ姿が、妙に人間ぽくて、面白い鬼さんですね^m^

No title

なかなかユニークな像ですね。

No title

てくっぺさん

哲学堂の霊現象は全国的に有名みたいです。妖怪も円了先生は水木しげる氏
の先生の一人です。

No title

にゃあもさん

でしょう?いつも背後から眺めています。

No title

jizosmileさん

こういう石像はあまり見ません。
プロフィール

cheerup

Author:cheerup
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
置き手紙
後ほど、ご訪問します。 置き手紙でのコメントを 受け付けておりません。 宜しくお願いします。
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ