遠野の旅 回想33


=遠野の巨石文化=

==天狗==

続石の当たりには、いたる所に熊に注意という立て札がある。そして、天狗が出そうな雰囲気である。
同じ人、ある夜山中にて小屋を作るいとまなくて、とある大木の下により、魔除けのサンズ縄をおのれと木との巡りに三囲引きめぐらし、鉄砲竪に抱えてまどろみたりしに、夜深く物音のするに心付けば、大なる僧形の者赤き衣を羽のように羽ばたきして、その木の梢に蔽ひかかりたり。すはやと銃を放せば、やがてまた羽ばたきして中空を飛びかえりたり。この時の恐ろしさも世の常ならず。前後三たびまでかかる不思議に遭ひ、そのたびごとに鉄砲を止めんと心に誓い、氏神に願掛けなどすれど、やがて再び思い返して、年取るまで猟人の業を棄つる事あたわずとよく人に語り足り。(遠野物語62)

=弁慶の昼寝場=
遠野147

= 泣石 =
遠野153

= 不動岩 =
遠野152

= 山の泉 =
この水は甘露、甘露。水割り用に持って帰った。
遠野148

= 山の神、天狗のいたずら? =
遠野155

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

tag : 遠野 遠野の旅 天狗 遠野伝説

プロフィール

cheerup

Author:cheerup
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
置き手紙
後ほど、ご訪問します。
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ