岩手金ケ崎 放浪のよっぱらい7 母なる大河

=諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区=

伊達氏が盛岡藩との藩境においた重要な要害
金ケ崎城を中心に古い建造物が残る。
平成13年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
駅近辺に宿泊施設が見当たらなかった。


東北大震災の翌年の盆に遠野を中心に旅をした。
そのときの記憶をたどる。
あやふやで間違いがあるかも知れない。
不思議なことに、地震には殆どあわなかった。


侍屋敷が定休日で静かなのか、通りには人影がない。

=金ケ崎城跡(町指定史跡)=

前本丸・二ノ丸・蔵館・東館・観音館・大庭などの郭によって構成されていた。
本丸の規模は東西約110m×南北約50m、二ノ丸は東西約70m×南北約200mであり、
東館は30ヘクタールの規模だったが、現在は北上川によって押流されており、
現在その跡を留めていない。

金ケ崎城趾案内板
643.jpg
悠々と流れる北上川
北上1


北上の ははなるかわに 時わすれ 大和の川に あそぶともがき

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 東京ぶらぶらり

岩手金ケ崎 放浪のよっぱらい6 わっ!座敷わらし?


=諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区==

伊達氏が盛岡藩との藩境においた重要な要害
金ケ崎城を中心に古い建造物が残る。
平成13年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
駅近辺に宿泊施設が見当たらなかった。


東北大震災の翌年の盆に遠野を中心に旅をした。
そのときの記憶をたどる。
あやふやで間違いがあるかも知れない。
不思議なことに、地震には殆どあわなかった。


侍屋敷が定休日で静かなのか、通りには人影がない。

=金ケ崎神社=

前九年合戦の折、源頼義が諏訪の大神に戦勝祈願をし、
勝利したため、勧請したと伝えられる。本殿は桁行3間、
梁間2間の三間社流作りで、寛保元年(1741)に造られた。
金ケ崎パンフ)
金ケ崎神社
金ケ崎神社1


=座敷わらし?=

ある侍屋敷の庭、エグネを撮影した時、
不思議だが、人形を抱いた少女のような像が写っている。
当然、人影など無かったのだが・・・
金ケ崎




みちのくに ざしきわらしを さがしてく 古きやどやに けふも泊まるか

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 東京ぶらぶらり 銭湯ロマン 銭湯散歩 遠野の旅 遠野 金ケ崎 ざしきわらし 座敷わらし

岩手金ケ崎 放浪のよっぱらい5


==諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区==

伊達氏が盛岡藩との藩境においた重要な要害
金ケ崎城を中心に古い建造物が残る。
平成13年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
駅近辺に宿泊施設が見当たらなかった。

東北大震災の翌年の盆に遠野を中心に旅をした。
そのときの記憶をたどる。
あやふやで間違いがあるかも知れない。

不思議なことに、地震には殆どあわなかった。
侍屋敷が定休日で静かなのか、通りには人影がない。

<三好家住宅>

江戸時代は黒田家。生垣、棟門、主屋、庭が残る。
主屋は広間型3間取りで、18世紀中期頃の創建と考えられる。
(金ケ崎パンフ)
三好


<菅原家住宅>

江戸時代は狩野家。
屋敷は600坪有り、石積み、生垣、庭園、主屋、
エグネ(屋敷林)などが残る。
主屋は桁行8間、梁間4.5間の喰違い4間取りである。
(金ケ崎パンフ)

菅原家


酒が合わないのか、飲んでは吐きを続けた。
少しも好きではなかったが、友と飲む雰囲気は好きだった。
それが、今や・・・。
酒あふれ 汗がしたたり ため息す 歴史のまちを ばかトラがいく

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 東京ぶらぶらり 銭湯ロマン 銭湯散歩 遠野の旅 東北の旅 金ケ崎散歩 酒旅

岩手金ケ崎 放浪のよっぱらい4


=諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区==

伊達氏が盛岡藩との藩境においた重要な要害
金ケ崎城を中心に古い建造物が残る。
平成13年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
駅近辺に宿泊施設が見当たらなかった。


東北大震災の翌年の盆に遠野を中心に旅をした。
そのときの記憶をたどる。
あやふやで間違いがあるかも知れない。
不思議なことに、地震には殆どあわなかった。


侍屋敷が定休日で静かなのか、通りには人影がない。

=佐藤家住宅=

屋敷は約1000坪有り、生垣、庭園、主屋、板倉、土蔵、エグネ(屋敷林)
などが残る。主屋は明治35年の創建であるが、侍住宅として完成された
姿を伝える。(金ケ崎パンフ)
佐藤家
佐藤家2



=添田家住宅=

金ケ崎城主であった大町氏の家老職の家。
屋敷は1400坪有り、門、板倉、主屋、生垣などが残る。
門、板倉、主屋は江戸時代後期の創建と考えられる。
金ケ崎パンフ)
添田家


酒が合わないのか、飲んでは吐きを続けた。
少しも好きではなかったが、友と飲む雰囲気は好きだった。
それが、今や・・・。

苦しくて 何度もはいた にくむべき 酒より今は 竹馬はあらむ

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 銭湯ロマン 東京ぶらぶらり 遠野の旅 遠野 金ケ崎散歩 金ケ崎 武家屋敷

岩手金ケ崎 放浪のよっぱらい3

==諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区==

伊達氏が盛岡藩との藩境においた重要な要害
金ケ崎城を中心に古い建造物が残る。
平成13年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
駅近辺に宿泊施設が見当たらなかった。


東北大震災の翌年の盆に遠野を中心に旅をした。
そのときの記憶をたどる。
あやふやで間違いがあるかも知れない。
不思議なことに、地震には殆どあわなかった。


侍屋敷が定休日で静かなのか、通りには人影がない。

=坂本家住宅=

大手口を守る重要な位置にあった。
屋敷は約700坪、生垣、主屋が残る。
18世紀中期以前創建だと考えられる。
金ケ崎ガイドマップより)
残念ながら、休館。内部見られず。

坂本家
坂本家1


=大松沢家=

山林奉行を務めていた家柄。
屋敷は約760坪あり、四脚門、板塀、
庭園などが残る。
主屋では、懐石料理などがいただけるそうだ。
金ケ崎ガイドマップより)

立派な四脚門、板塀であるが、内部は見られず。
大松沢家


お酒を初めて飲んだのは高校時代、親父のを盗み飲みした。
胸が痛く眠りたいのに、かゆくてかゆくて、夜通し悶々としていた。
それが、今や・・・。

失恋や 初めて飲んだ酒の味 じんましん出て 少しも眠れず 

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 銭湯ロマン 東京ぶらぶらり 銭湯散歩 遠野の旅 遠野 金ケ崎 金ケ崎武家屋敷

プロフィール

cheerup

Author:cheerup
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
置き手紙
後ほど、ご訪問します。
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ